結核 感染 予防 マスク

結核の感染予防とマスクについて等

結核とは細菌性の感染症の一種で、以前は命に関わる可能性もある疾患としてよく知られていました。
結核は特定の細菌に感染する事で発症するのですが、その感染経路は主に空気感染や飛沫感染となっています。
この疾患を発症している人の咳を浴びる等して、人から人へとうつってしまう事も少なくないです。
 ちなみに結核は体内に原因菌が入った人全員が発症するわけではなく、実際に発症するのは全体の2割程度だと言われています。
またこの疾患は潜伏期間が非常に長い事でも有名で基本的には半年から1年ですが、中には2年以上経過してから発症するケースもあります。
 結核を発症した場合に現れる症状としては発熱や全身の倦怠感、肺結核なら咳や痰等の症状が挙げられます。
この状態から更に進行すると血痰や息切れ、異常な体重減少等の症状が現れてくる事も珍しくないです。
そのため少しでも発症の疑いがある場合には早めに病院を受診して、適切な治療を受けるのが望ましいと言えます。
 スポンサーリンク

 結核の治療方法に関しては薬物療法が基本となっていて、殺菌作用が高い薬等が処方される事になります。
また薬物療法を行っている最中も定期的に検査を受けて、その都度薬の種類の変更や量の調整等の対応がされる事も多いです。
 ちなみに結核は細菌感染症なので感染を予防する方法の一つとして、マスクの装着を行っている人もいます。
確かに予防としてマスクを装着するのは間違いではないのですが、この時にきちんと予防効果のあるマスクを選ぶ事が大切になります。
 コンビニ等で一般的に売られているマスクは、口や喉の粘膜の乾燥を予防するという意味では効果があります。
しかし結核の原因菌の侵入を予防するという意味では、一般的なマスクはあまり効果を期待する事は出来ないです。
 しかし最近では結核菌の感染予防に特化したマスクも出てきており、こうしたマスクなら予防効果はあると言えます。

現在では薬局等でもよく見るようになってきているので、そういった所で扱っているか尋ねてみるのも有効です。