結核で自宅療養をするための期間

結核で自宅療養をするための期間

スポンサーリンク

 

結核になってしまうと自宅療養をしなければいけなくなります。
感染してしまう可能性があるからです。
それではどのくらいの期間自宅療養していなければいけないのでしょうか。
期間についての目安について説明しましょう。

 

 

【結核は自宅療養が必要】

 

結核というのは細菌性の病気となっています。
そのため、発病している人は体の外に菌を出すことがあります。
せきやくしゃみによって菌が空気中に飛び散ってしまいます。
それを他の人が吸い込むことによって空気感染してしまうのです。
もちろん、菌を吸い込んだからといって絶対に感染するわけではありません。
しかし、体調が悪かったり、抵抗力の弱まっている方の場合は発病してしまうこともあります。

 

 

細菌性の病気の場合は基本的に完治するまでの間は自宅療養や入院をすることになるでしょう。
それによって被害が広まってしまうのを防ぐことができるのです。

 

スポンサーリンク

 

【どのくらいの期間療養しなければいけないのか】

 

それでは結核になってしまった場合にどのくらいの期間自宅療養をしていなければいけないのでしょうか。
これは医師によってもう感染の可能性がないと判断されるまでです。
それまではずっと自宅療養をしていることになります。
たとえ症状がなく安定した状態になったとしても、体内に結核菌が残っている状態であれば危険性はあるのです。
そのため、医師の指示にしたがってしっかりと治療しなければいけません。
結核の自宅療養をしている間は薬を飲み続けることになります。
薬の服用期間としては6ヶ月程度となっています。
ただし、感染する可能性についてはもっと早くになくなるでしょう。

 

 

結核で自宅療養する期間についてはそれぞれのケースによって大きく異なります。
実際に結核になって、そのときの状況をみないと分からないことが多いです。

 

 

結核になってしまうと自宅療養をすることになります。
その期間については、排菌の可能性がなくなってしまうまでです。
そのため個人差があります。
数週間程度かかってしまうこともあります。
医師の指示にしたがいましょう。

 

スポンサーリンク