結核の検査とガフキーについて

結核の検査とガフキーについて

スポンサーリンク

 

結核は検査を受けることによって発見することができます。
その検査内容の中でガフキーという項目があります。
これは果たしてどのような意味なのか気になる方は多いでしょう。
結核の検査について詳しく解説しましょう。

 

 

【結核検査のガフキーとは】

 

結核の診断をする際にはガフキー号数という数字が重要です。
このガフキー号数というのは菌の量を表しているのです。
感染の疑いがあるならば、このガフキー号数を調べることになるでしょう。
これによって、その患者がどのくらいの結核菌に感染しているのかが分かります。
結核菌というのは咳や痰などによって排菌されるという性質があります。
そのため、数を確認することは重要な意味があるのです。

 

 

ガフキー号数でもしも陽性となったのであれば、すぐにもっと詳しい検査を行うことになります。
その視野の中にどのくらいの個数の細菌が確認されるのかをガフキー号数は表しているのです。

 

スポンサーリンク

 

【結核を確認する方法について】

 

それでは結核検査は実際にどのようにして行われるのでしょうか。
もし咳や痰などが2週間以上継続するようであれば検査を受けるべきでしょう。
この場合は、その患者の咳痰を採取します。
そして抗酸菌検査というものを実施します。
もしも咳痰を採取できない場合には胃液か気管支鏡によって検体を採取することになります。

 

 

もし検出されたならば、速やかに感染経路を遮断しなければいけないでしょう。
入院してもらったり、自宅療養することになります。
主治医の指示にしたがうことになります。
他人に感染してしまう可能性があるため、厳重に管理をしなければいけないのです。
もちろん、きちんと薬によって治療を受ければ、完治することは可能です。

 

 

結核の検査によってガフキー号数というものが確認されます。
これはどのくらいの菌が感染しているのかを表したものです。
その検体の中に含まれる菌の数を示しています。
この結果からその患者が感染しているかどうかが分かるのです。

 

スポンサーリンク