乳児の結核の症状について

乳児の結核の症状について

スポンサーリンク

 

乳児であっても結核にかかってしまうことはあります。
その際にはどのような症状があるのでしょうか。
これを確認しておけばすぐに対処ができるようになるでしょう。
どのような症状がみられたら危険なのかを確認してください。
乳児の結核について説明しましょう。

 

 

【乳児の結核の症状について】

 

乳児であっても結核菌に感染してしまうことがあります。
感染者が咳や痰をすれば、そこに菌が含まれているため、それを吸い込むことによって感染してしまいます。
子供は特に感染の危険があります。
抵抗力が弱いからです。

 

 

それでは乳児が結核に感染するとどのような症状が現れるのでしょうか。
大人の場合には咳や痰が長く続くことが多いのですが、乳児の場合はそのような症状が目立たないことがあります。
食欲がなかったり、元気がなかったり、熱が続いてしまうという症状が出ることの方が多いでしょう。
ただし、大人よりも重症になりやすいため、乳児の結核については症状をきちんとチェックしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

【予防法や治療法について】

 

それでは乳児が結核を予防するためにはどうすれば良いのでしょうか。
そのためにBCGというものが行われています。
こちらは生後6ヶ月未満の頃に1回接種します。
ただし、学童期以降になると再接種をする効果がほとんどないです。
そのため、現在では小中学校でツベルクリン反応が陰性の生徒に対してBCGを再接種するようなことはありません。

 

 

もし結核の感染に気がついたならば、すぐに病院を受診しましょう。
また、家族全員が検査を受ける必要があります。
感染している可能性があるからです。
そして、経過観察か科学的予防、あるいは治療を選択することになります。
治療方法としては薬の投与をすることになります。

 

 

乳児が結核に感染すると重症化する可能性があるため注意しなければいけません。
症状としては熱が出たり、倦怠感が生じたり、食欲がなくなるということがあります。
元気がなさそうな様子を見せたならば、すぐに検査を受けると良いでしょう。

 

スポンサーリンク