結核が遺伝する確率とは

結核が遺伝する確率とは

スポンサーリンク

 

結核というのは遺伝する病気なのでしょうか。
もし遺伝するならば、その確率はどの程度なのでしょうか。
さまざまな病気が遺伝によって伝わる可能性があることが知られています。
結核に関してはどのようになっているのか説明しましょう。

 

 

【結核は遺伝するのか】

 

結核という病気は過去のものというイメージがあったのですが、近年はどんどん患者が増加しています。
それにはさまざまな原因があります。
まず若い世代には免疫力を持たない人が増えており、診断が遅れているためにどんどん感染してしまうのです。
また、耐性菌の出現の影響もあります。
結核菌というのは感染したからといってすぐ発病するとは限りません。
中には何十年もあとになってから発病するケースもあるのです。

 

 

そんな結核については遺伝的な要因が関係するとされています。
菌に対する抵抗力が子孫に伝わるのです。
そのため人によっては抵抗力が弱いというケースがあり、この場合は発病の危険性が高いといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【遺伝する確率と予防方法】

 

結核は遺伝する病気ではありません。
あくまでも抵抗力が子孫に伝わる可能性があるというだけです。
そのため確率についても正確なことはいえないでしょう。
ただし、抵抗力が遺伝する確率は比較的高いと考えられています。
そのため、家族の中に感染したり発病したことのある人がいるならば、確率が高いかもしれません。

 

 

確率が高かったとしても、絶対に感染するわけではありません。
予防方法としては、予防接種を受けることが大切でしょう。
また、感染者がいるならば、感染する可能性があるため気をつけるべきです。
家族が感染したならばすぐに検査を受けるべきでしょう。
予防接種については成人に対してはあまり有効性はないとされています。
生活習慣を整えて、健康的でいるのが一番の予防方法となるでしょう。

 

 

結核に関しては抵抗力が遺伝する可能性があるとされています。
その確率についてはあまり詳しいことは分かっていません。
家族に感染者がいるならば、用心しておくと良いでしょう。
抵抗力を高めておくことが一番大切です。

 

スポンサーリンク