結核の検査で採血をする理由とは

結核の検査で採血をする理由とは

スポンサーリンク

 

結核に感染しているかどうか診断するためには検査をしなければいけません。
その際には採血されます。
それでは実際にどのような検査が行われるのでしょうか。
これが気になる方は多いでしょう。
検査について詳しく説明します。

 

 

【結核の検査方法について】

 

結核に感染しているかどうか確認するためには検査を受ける必要があります。
その際には採血をするのが一般的です。
たとえばQFTというものがあります。
こちらは感度が高くて信頼性のある方法となっています。
新しい検査方法となっており、採血をして速やかに結核に感染しているかどうかが分かります。
結核感染者とそうでない人ではリンパ球でインターフェロンγが放出するかどうかに違いがあるのです。
それを検出するための検査方法となっています。

 

 

採血による方法というのはすぐに結果が分かり、精度の高い方法となっています。
ただし、採血をする方法であっても特定の年齢において精度が十分でないケースもあります。
その場合は別の方法も用いることになるでしょう。
また、採血をしない方法も存在しています。

 

スポンサーリンク

 

【検査が行われる状況】

 

それではどのようなケースで実際に採血をして感染の有無を確認することになるのでしょうか。
まず感染の疑いのある方です。
原因不明の症状が出ているようであれば、感染しているか確認する必要があります。
また、感染リスクの高い方に対して調べられることもあります。
感染者の周囲にいる人達です。
さらに発病リスクの高い方も調べる必要があります。
たとえば病気によって免疫力の落ちている方の場合は発病リスクが高いといえるでしょう。

 

 

感染した場合に発症する確率は5から10%とされています。
それでも危険性があることには変わりないため、しっかりと確認することが大切です。

 

 

その人が結核に感染しているかどうか確認するための方法として血液検査があります。
この方法では採血をしなければいけません。
他にもいろいろな方法があります。
結核の感染の疑いがあったり、リスクの高い人は調べられます。

 

スポンサーリンク