結核が再発する可能性と症状

結核が再発する可能性と症状

スポンサーリンク

 

結核というのは感染して発病してしまったならば治療を受けることになります。
それでほぼ完治できるのですが、まれに再発してしまうことがあります。
このような特徴のある結核について詳しく説明しましょう。

 

 

【結核は再発することがある】

 

結核というのは結核菌が感染して起きてしまう病気です。
多くは肺に感染します。
かつては国民病といわれていた時代もあります。
多くの日本人が感染して死亡していたのです。
それが今でも患者は存在しています。
先進国よりもその数が多いのが特徴となっています。

 

 

そんな結核なのですが、きちんと治療を受けることによって完治することができます。
ただし、完治したとしても再発してしまうこともあります。
再発する確率は低いのですが、0ではありません。
そのため、治療後も再発していないか確認するために検査を受ける必要があります。
万が一再発した場合にはまたしっかりと治療しなければいけません。
途中で薬を飲むのをやめてしまうと再発する可能性が高くなります。

 

スポンサーリンク

 

【結核の症状について】

 

万が一、再発してしまったときのために症状を理解しておくべきでしょう。
結核の症状としては咳や痰が出るようになり、だるさや発熱がすることもあります。
さらに寝汗をかいたり、体重が減少してしまうこともあります。
これらの症状が2週間以上続くのが特徴となっています。
そのため風邪の症状と区別することができるでしょう。

 

 

治ったと思っても症状が出たのならば、すぐに医師に相談をしましょう。
検査を受けることによって、再び感染してしまったのかを確認できます。
早期発見をして治療を受ければ治すことは可能です。
しかし、治療するまでには時間がかかってしまいます。

 

 

薬を飲んで完治したと思っても結核が再発してしまうことはあります。
その場合は検査を受けましょう。
また、途中で薬の服用をやめてしまったり、医師の指示通りにしないと再度症状が出てしまう可能性があるため注意しましょう。

 

スポンサーリンク