結核 検査 方法 費用

結核の検査方法と費用について

結核という病気がありますが、これは以前は非常に恐れられていた病気となっていました。
しかし現在でも診断が難しい病気となっており、検査も非常に複雑です。
そこで気になるのが結核の検査方法や費用に関してです。
確実に検査結果を把握するためには、結果が出るまで2ヶ月かかるので、そのことをしっかりと頭に入れておくようにします。
結核の検査には2つの種類があります。
それは今まで結核菌に感染したことがあるかを判断する方法と、現在感染しているかどうかを確認する方法となります。
このように複雑になっているのは、現在感染しているかを判断するには時間が必要となるからです。
したがって症状がある人は、まず今まで感染したことがあるかの検査を行い、ここで陰性の場合は検査が終了というようになっています。
現在感染しているかどうかを確認するためにはレントゲン検査が行われています。
しかしこの結果だけでは判断することが難しくなっています。

スポンサーリンク

そこで現在では血液検査が行われています。
一番信頼することができる方法は痰を確認するというものとなります。
気になるのは結核を確認する方法に関する費用です。
自費で結核の確認を行ったときには、次のような費用が必要となります。
胸部レントゲンという方法の場合には費用が1940円となります。
3割負担の場合はこの30パーセントの費用となります。
血液検査は費用が6000円となります。
この方法も同じように3割負担の場合は30パーセントの費用となります。
どのような方法を行うかに関しては、結核の可能性があるかどうか、初めての発生か再発かというようなことで分けられています。
結核に対する明らかな診断基準というものはありません。
基本的には痰の確認を3回行って、すべて陰性であれば他の人への感染力はないと判断されています。
結核の診断は非常に難しくなっていますが、現在でも死亡する可能性があるのでしっかりと治療を行うことが大切になります。