結核 治療 入院期間 費用

結核の治療にかかる費用や入院期間について等

結核とは細菌性の感染症の一種で、以前は命に関わる可能性が高い疾患としてよく知られていました。
現在では早めに適切な治療を行えば大丈夫ですが、稀に命に関わる事もあるので注意が必要だと言えます。
 この感染症は空気感染や飛沫感染でうつるので、発症者の咳等を浴びたりすると感染する可能性が高くなります。
ただ感染しても全ての人が発症するわけではなく、実際に発症するのは全体の2割程度だと言われています。
 結核を発症した場合に現れる症状としては発熱や全身の倦怠感、肺結核なら咳や痰といった症状が挙げられます。
この状態から更に進行すると息切れや血痰、異常な体重減少等といった症状が現れてくる事もあります。
そのため少しでも発症の疑いがある場合には早めに病院を受診して、適切な治療を受けるのが望ましいと言えます。
 ちなみに結核の原因菌は他の感染症の原因菌に比べて、潜伏期間が非常に長い事でも知られています。
基本的には感染から半年から1年程度で発症しますが、中には感染から2年以上経過してから発症したという人もいます。

スポンサーリンク

 結核の治療方法に関しては薬物療法が基本となっていて、高い殺菌作用を持つ薬の処方等が行われます。
また薬物療法を行っている最中も定期的に検査を行い、その検査結果に基づいて薬の種類の変更や量の調整等が行われる事もあります。
 ちなみに状態が重い場合や周囲にうつす可能性がある場合には、入院して治療を受ける事も少なくないです。
この結核での治療で入院した場合の入院期間については個人差があるため、一概に入院期間がどのくらいと言いきるのは難しいと言えます。
例えば比較的軽度の患者なら入院期間は短くなりますし、ある程度まで進んでいれば入院期間は長くなります。
ただ一般的に重症化していない場合の入院期間については、約2ヶ月程度の入院期間となる事が多いとされています。
 また入院期間以外にも結核の治療となると気になるのが、費用がどの程度かかるのかという点になります。
この治療費用がどの程度かかるかについては、入院の有無や患者の状態等で異なってくるので費用を言いきる事は難しいです。
 ただし結核の治療でかかる費用は基本的に公費で負担する事となっているので、費用について過度に心配する事はないと言えます。
どの程度の費用を公費で負担してくれるのかは状態等によって異なるので、費用についての詳しい事は病院等で尋ねてみるのが望ましいです。