結核 症状 痰の色

結核の症状である痰の色について等

結核とは細菌性の感染症の一種で、ずっと前は命に関わる可能性が非常に高い疾患としてよく知られていました。
現在では早めに適切な治療を行えば大丈夫ですが、放置すると命に関わる事もあるので注意が必要です。
 この感染症は空気感染や飛沫感染でうつるので、咳をしている発症者等には出来るだけ近づかないほうが賢明だと言えます。
ただし結核は菌に感染しても全ての人が発症するわけではなく、全体の約2割程度の人しか発症しないです。
それ以外の人は感染した事さえも気付かずに、普通に生活を送っている事も多いとされています。
 結核を発症した場合に現れる症状としては発熱や全身の倦怠感、肺結核なら咳や痰といった症状が挙げられます。
この状態から更に進行すると息切れや血痰、異常な体重減少等の症状が現れてくる事もあります。
そのため発症の疑いが少しでもある場合には出来るだけ早めに病院を受診して、適切な治療を受けるのが望ましいです。
 ちなみにこの感染症は他の細菌性の感染症に比べて、潜伏期間が非常に長い事でもよく知られています。
基本的には感染から半年から1年程度で発症しますが、中には感染から2年以上経過してから発症したという人もいます。
 スポンサーリンク

 結核の治療方法に関しては薬物療法が基本となっていて、高い殺菌作用を持つ薬等が処方される場合が多いです。
また薬物療法を行っている最中も定期的に検査を行い、その検査結果を確認して薬の種類の変更や量の調整等が行われる事もあります。
 ちなみに前述したように結核の症状の一つに痰がありますが、この症状で出る痰の色は変化する場合も少なくないです。
結核は細菌感染症なので喉の細菌を絡め取った痰の色は、緑色の痰の色となる事が多いと言われています。
しかし発症から完治までずっと痰の色が変わらない人もいれば、途中で痰の色が変わる人もいます。

 この結核の症状の痰の色が緑色から変化した場合には、状態が悪化している可能性が高くなります。
この時のの痰の色の変化は緑色から赤色や茶色等への変化で、これは痰に血液が混じる血痰という症状になります。
血痰が出るという事は状態が進行している可能性が高くなってしまうので、出来るだけ早く病院で相談するのが望ましいです。